いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/11/05 (Wed) 春日影

tsuru_20081103000337.jpg
長唄『舞扇園生梅』の一部(「君に扇」からの部分)、その後は長唄『菊づくし』という実に童女に似合いそうな(私ではとうが立ち過ぎて申し訳ない位)可愛らしい曲が続きました。どの曲にも発見があって、一見単純な振りの部分ほど、自分が未熟な分だけ観る側から面白くないだろうな~と分かってつらいのと、舞の流れの中でも間が持たなくてつらいのです。正座して、上半身だけで曲に合わせて浚ってみると、背中の筋肉をどれだけ働かせないといけないか気づくこともあって、狭い自室でも案外面白い練習が出来ました。

11月は地歌『春日影』です。もっと長い印象があったにも関わらず5分未満の曲なので、仕上がる頃には舞う間に呼吸をしない位のつもりで努めようと思います。

お稽古 | trackback(0) | comment(0) |


<<Tears in Heaven | TOP | ビストロ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/67-4429cdae

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。