いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/10/11 (Sat) 東西名流舞踊鑑賞会を観て(第2部)

image11.jpg

さて、第1部の方は、終演後の空き時間に帰宅して熱も冷めやらぬうちに書いたのですが、第2部も観て帰ってきましたらさすがに合計5時間ほど鑑賞していたので少しくたくたです(笑)
以下、やや手抜きな部分もありますが、そういう理由です。

幕開けは、山村若御家元の地歌『傾城』から。今回は衣装付けで舞われました。桜と紅葉の見事な刺繍が施された打ち掛けが素敵で、地歌でこれだけ衣装の華やかなものも珍しいように感じましたが、もとは江戸時代には歌舞伎舞踊であった曲が山村流では地歌にうつされてきた経緯があるようですね、古い曲とのことです。あのように厚みのある打ち掛けや衣装を着ていながら細かい動きが観客には優雅に見えるということは、衣装の下でどれだけ総身を入念に計算して動かしていかないといけないのか、素人には気の遠くなるような思いがしました。扇使いは言うに及ばず、美しく装われた御家元は手指さえも何だか細くたおやかに見え、こういう美女ぶりもまた今後折に触れて拝見したいものです。

清元『斧琴草(よきことぐさ)』は尾上菊見師。尾上流というのは菊五郎丈とどう関係があるのかよく知らなかったのですが、六代目が創流されたのですね。踊りの流派で清元でも、黒紋付きで舞われたこともあってすっきりした良い印象を受けました。こちらの流派のトレードマークということもありますが、様々な菊が曲に盛り込まれている点に、季節感も感じました。

続けて、長唄『熊野』が藤間勘吉郎師(熊野)に若柳壽延師(平宗盛)。お能をそのまま長唄に移した曲があるのですね。

地歌『ゆかりの月』が楳茂都梅咲師。以前拝見した時はずっと葛桶に座っていらしたのですが、今回は立って舞っていらっしゃいました。動きが少なくなられた舞踊家の方からも、やはり一つ一つの所作は大いに勉強になります。

お開きは、長唄『賤機帯隅田俤(しずはたおびすみだのおもかげ)』。出演は、狂女に藤間紫師、舟長に藤間勘世師。今回前列で拝見できたのでいずれの舞台も近くでよく見えたのですが、紫師はさすがの存在感でした。女優ですね。それにしても、第一部、第二部を通して、80代の舞踊家の方々のご活躍の様子に感慨を覚えました。
※余談ですが、今回の舞踊鑑賞会は、番付の曲目解説、出演者素描がすべて廓正子氏による文章とのことで大変面白く読めたことが良い点として挙げられます。一連の「隅田川もの」では、京都で人買いにさらわれた梅若を母親が探してさまよう悲劇(東国=現在東京の隅田川のほとりまで辿り着く)が題材になっていることは知っていましたが、テーマが同じでも「賤機帯」と「隅田川」では扱い方が違うということや、前者では川に流れる花を掬う「すくい網」を使うので今回の舞台でもそうした小道具が出てきた点など、番付で知りました。こういう説明があると舞台を見る楽しみが増幅されて嬉しい限りです。

きくみる | trackback(0) | comment(0) |


<<サンケイホールブリーゼを見学しました | TOP | 東西名流舞踊鑑賞会を観て(第1部)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/56-d17927cb

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。