いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/10/11 (Sat) 東西名流舞踊鑑賞会を観て(第1部)

081011.jpg
舞踊家のみがご出演の舞踊会は久しぶり、やはり見応えがあります!

清元『流星』は、解説によれば、七夕の夜、牽牛、織女のもとへ流星がご注進にやってきて、雷の夫婦喧嘩を物語るという筋立て。(星は部下なんですね、笑)雷の亭主、女房、子供、老婆とそれぞれ面と所作を使い分けながらの楽しい幕開けでした。歌舞伎の舞踊ものを一場観たような、市山松扇師の伸びやかできびきびした動きが楽しめました。

続く地歌『浪花十二月』は、吉村流では元々は故 吉村雄輝師の振付だそうで、洗練されています。年中行事や市井風俗をこれだけ多岐にわたって盛り込んだ歌を、着流しに扇で表現できる地歌舞って、なんて豊かな芸能なのかしらと改めて実感。立方は吉村輝章師、丁寧に丁寧に余すところなくといった味わいの舞台でした。

花柳寿美師の清元『保名』では、まず舞台装置がシンプルな点が、個人的にはとても好みでした。曲の背景にある内容が明るい訳ではないので通常設える華やかな大道具も良いのですが、今日のような装置(トーン暗めの菜の花色をグラデーションにしたような板一枚を立てて、差し金の蝶も無し)だと、舞踊家の技量がストレートに出て面白いものでした。潔さを楽しめました。相当自信が無いとできないことかもしれませんね。

地歌『蓬莱』の山村若祿次師からは舞踊家のたたずまいというものがいかに大切か、伝わってきたように思われました。派手な振りがなくても、右を向く、左を向く、扇をかざすといった個々の動きが凛として美しく、深みのある舞台を堪能しました。高齢になられても、実に水も滴るような風情をお持ちです。着流しの色が渋いところに、着物の袖口や八掛それに扇の文様に使われた水色が効いていて、照明が当たると衣装自体の色合いそのものにもほんのり水色が浮き出るようにも見え、品のよいコントラストが素敵でした。

お開きは、長唄『葵の上』にて、久しぶりに井上八千代師の舞を拝見できました。舞台上と花道を縦横無尽に移動されましたが、少しもぶれない足使いと重心の確かさに心惹かれました。あの、観ているこちらが背筋の伸びるような硬質さはどこから生まれるのでしょう、この度は六条御息所の格にとても似つかわしく思われました。

きくみる | trackback(0) | comment(0) |


<<東西名流舞踊鑑賞会を観て(第2部) | TOP | 寄り道>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/55-dfb13f96

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。