いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/11/30 (Sat) ふらっと



東京出張の隙間時間を見つけては、銀座のメゾンエルメスに寄ります。と言っても、8階のフォーラムを覗くだけなのですが。

いつもアートのインスタレーションが開催されていて、平日でも夜8時まで無料で見ることができる素敵な場所です。
アーティストは好みだったり、新しく好みを発見したり、逆にそんなに好みじゃないこともありますが、いずれも限られた空間を生かした表現が新鮮で、こんな素材でこんな主張ができるのね、という点では毎回何か揺さぶられるものがあるのです。

今回は、「クローゼットとマットレス」と題し、スミルハン・ラディック+マルセラ・コレアによる巨大なクローゼットと縄で吊られたマットレスのインスタレーションでした。人の毎日をたくさん詰め込んで閉じていることに意味があるクローゼット。眠るという個人的な営みを支えて包み込むマットレス。普段あまりに何気なく使っている家具も、なんだか鼓動しているような、思いがけなく家というものやその単位がボーダーレスになる状況が頭をよぎりました。心理的なことかもしれませんし、内戦地帯のことなどを踏まえたメッセージもあるのかな?と、会場でもらった展覧会メモを眺めています。

きくみる | trackback(0) | comment(0) |


<<雪月花 | TOP | 六年>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/376-7514cd7d

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。