いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/11/14 (Thu) 人が見たら

青山次郎という人物のことは白洲正子さんのエッセイで知ったのでしたが、強烈な個性の持ち主で、一番記憶に残った言葉の一つが「人が見たら蛙になれ」というもの。

骨董に心酔していた方なので、お気に入りの品を絵に描いて添えた一言でしたが、物もそれだけ愛されたら幸せだなと思います。

自分ではない人の手の内でよりよく愛でられるようにと送り出されるより、価値を分かることに絶対の自信を持って手元に置いていつくしむ方が関係に責任を持つってことじゃないですか。

蛙になるのでもいいからそれだけ落ち着ける居場所があるのは羨ましいことです。

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


<<左手の音 | TOP | 車窓から>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/370-31cc60d6

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。