いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/09/12 (Thu) 一息


ほんの少し秋らしくなった、と思いきや、熱帯夜や夏の暑さがぶり返していますが、確実に涼しくなった分お花はやっと息がつけるようです。

ハイビスカスも次々つぼみをつけますし、朝顔もよく咲くようになりました。花びらの質も、真夏はくちゅくちゅになっていたのがなめらかに。

今朝は初めて目にする色の朝顔が、つるを伸ばした先のこんな所に、という場所に二輪ふわっと浮かんでいて、美しさと意外性に声をあげてしまいました。

季語にはならなくても、やっとほっとしている様子はいじらしいものです。

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


<<イグ・ノーベル賞と椿姫 | TOP | タフでなければ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/345-4f2bd6d1

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。