いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/08/11 (Sun) 原作を読むか読まないか

原作から映像化で成功した例について思い出してみました。中学当時は映画少女で、イメージ通りだと思ったのは、アガサ・クリスティの「鏡は横にひび割れて」を原作にした映画「クリスタル殺人事件」。
もっと後では、「サイダーハウスルールズ」も良かったのですが、枚挙できない位あった反対例はあまり印象に残っていません。

映画はまだ一度に観てしまえるので良いのですが、先に映像を観ていて複数回に分けられると、先が気になるのでいっそ原作を読んでしまう辺り、案外辛抱が利かないのを自覚します、笑。

日曜日のドラマで銀行員のを放映していて、弟が先に原作も読んだというのでAmazonで検索。余談ですが、これ、主人公のフルネームをドラマの題名に変えたのは良い機転ですね。多分、同じ内容でも原作の題名のままではちょっとお気楽な感じでそぐわない(失礼)。自分より少し上の就職組で、時代感も懐かしい部分が。気にはなりますが、本が増えてきりがないので、これは買わずに続きを観ようかと思っています。

大阪に越したばかりの頃、ラジオドラマで、藤沢周平作品を50回位に小分けして朗読するのを楽しみに毎週聴いていたことがあり、あんまり長いので途中でとうとう書店に行って続きを読みきってしまったことがありました。

この週末は山本周五郎の「赤ひげ診療譚」を読みました。白黒ではっきり色分けできない人間の気質や弱さを描いていて、大衆小説の面白みもありますし、この手の時代ものは読み出したら止まりません。こちらも映画があるんですよね。

うーん、しかし、週明けからの仕事準備が出来ていない...

よむ | trackback(0) | comment(0) |


<<土星 | TOP | 今日のめだか>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/330-b221d971

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。