いろは椿
2008/08/07 (Thu) ひとやすみ

westin.jpg keisuien.jpg
友人がその友人と京都を再訪するというので、3人で食事に行くことになりました。
以前から行ってみたかった料理旅館の白梅さんでお食事をお願いしたところ、想像通りの素敵な佇まいと雰囲気でした。一見の客で突然いろいろなお願いをしたにも関わらず、とても温かく受け入れてくださって感謝することしきりです。時間がゆっくり流れるようなお座敷で季節のお食事をのんびりいただき、とりとめなくあれこれ話して、平日出社日の合間とは思えない位リラックスしてきました。(とはいえ、ほぼ全編ネイティブ英語に触れると、ああ私の普段の英語ってやっぱり自己流だわ...ともう一度鍛え直したくなります�
帰り際、夜の白川界隈もとても風情がありました。日焼け嫌いには夏は夜に限ります。揺れる柳を眺めながら「ぎおん小森」やお稲荷さんを通り過ぎて散策し、さらに花見小路では一力茶屋の玄関で舞妓さんや芸妓さんが通る度に激写するイタリア人と思しき観光客を遠巻きに観察し、肩の力の抜けた一行にはとても楽しいひとときでした。

画像はウェスティン京都の佳水園。

つれづれ | trackback(0) | comment(2) |


<<初盆 | TOP | ガラスの天井>>

comment











管理人のみ閲覧OK


はいさい

いい感じですね~伝統芸能は僕なんかには馴染みがないので、こういった一休みは是非お願いします♪

2008/08/07 22:32 | hanemune [ 編集 ]


Re:はいさい

コメントありがとう♪
(そういえば着物はもとより不思議なことに浴衣を着てるのも見たことないね、意外と似合うと思うんだけど。)
伝統芸能といって、ごめんなさい私の文が硬いのかな~、鑑賞と構えずにフラットに観ても楽しいよ。機会があれば一緒に行きましょう。

7-8月に行ってみて思ったのは、夏の京都はたしかに酷暑だけど空いていて楽しいです。余談ながら(画像を載せておいて何だけど、笑)泊まるならウェスティンより、七条のハイアットの方が断然良さそうでした。

2008/08/08 22:00 | 椿 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/33-1d10e2e8

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード