いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/08/05 (Mon) 高千穂

霧島神宮に逆矛があると聞いて、白洲さんの本にあったなぁと思い、日本の始まりとされる場所って全国に幾つかありますよね、と話していたら定義を間違えてしまいました。邪馬台国うんぬんではなく、紀記にある天孫降臨の地の話だったのに、とっさに出てこないのはお恥ずかしい限り(>_<)

そう言えば、古事記を現代語訳で読んだ時に、な、何この話?という位の内容で面白かったのですが(日本の神々も、元はおおらかというか、ギリシャ神話と変わらないのね...的な)先日アニメで国生みのエピソードから紹介していてちょっとびっくり。古事記がブームなの?

一読み物として面白いのは面白いですが、本というのは残っているからと言って絶対視は危険です。書き手の思惑が、時間に晒されて一見浄化されたようでも実は分解されない要素として発芽する事だってあると思いますし。

いろんなものを読んだ上で咀嚼すればいいのであって、メディアが映像で何か仕掛けると伝播力は強い分だけろくな事がないのよねーと醒めた目で眺めたのも、事のついでに思い出しました。

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


<<しばし、時代小説 | TOP | 高島屋にて>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/322-aa0a4087

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。