いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/08/26 (Sun) モダンバレエ@兵庫県立芸術文化センター

DSC_1506.jpg

嬉しいお誘いをいただき、土曜日は兵庫県立芸術文化センターに行ってきました。
「堀内元バレエUSA III」という舞台でした。私は、クラシックバレエも一度しか観たことがないのです。
ただ、身体芸術ということでむしろシンプルなモダンバレエもとても面白く、人間の身体の構造的には無理があると思われる型の制約を課しながら技術をどこまで高めるか、衣裳や舞台装置を簡略化した中でどう表現するか、という視点で見入ってしまいました。
私見ですが、究極的には、音を流さず、ダンサーの動きだけで作品を表現しきっても見応えがありそう。
多数バレエダンサーが跳躍、旋回する中で、主宰の堀内氏が登場すると、やはり動きの滑らかさや風格が違うようで、ジャンルを問わず舞踊のプロの中でも一段上手な方は空気を纏ってしまうんだなと感じました。

鑑賞後、先輩と感想やいろいろ話したりして、仕事等でここしばらく膠着していた思考を解きほぐしてもらったような一日でした。(ありがとうございました!)
644144685.jpg
こちらはJR大阪駅某百貨店の上階にある「和みの庭」。去年鳴り物入りでオープンしてから、レストランフロアに近寄ったことがなかったのですが、いろんなお店発見も出来たりして。


ところでこの劇場ですが、
阪急線西宮北口駅(ちょっと懐かしい)から、プロムナードという名の通路を渡って、写真のアプローチにつながること数分。雨にも濡れません。
カフェとレストランもイグレック系列、建物も洒落ています。
コンクリート打ちっぱなしの壁に、柔らかく照明をあてているので質感に温かみがあり、随所に使われた木材の雰囲気と融合していました。
劇場体験って、何を観るかという所は勿論ですが、駅から劇場に至るまでと施設面といったディテールも鑑賞体験を左右するんですよね。
うーん巧いなあ、兵庫県...と思いました。
(もともと神戸方面というのは大阪の裕福な商家の別荘地として発達した訳ですから美味しい所を取り込みやすい土地柄だとは思いますが、大阪を換骨奪胎して多分に良い印象を作るのが巧いので、大阪にもそういう環境整備面の計画性をちょっと見習ってほしいです

きくみる | trackback(0) | comment(0) |


<<贅沢な悩み | TOP | ゆく夏>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/287-e859b2c7

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。