いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/05/13 (Sun) 遊びをせんとや

DSC_1161_convert_20120513201628.jpg

今年ほど「梁塵秘抄」の歌が耳に入ってくる年もそうそうないのではないかという話はさておき、国立国際美術館の「コレクションの誘惑」展に行ってきました。
DSC_1160_convert_20120513201545.jpg

展示フロアのB2階に降りると、常に柱に設置されている須田悦弘さんの彫刻のチューリップ。須田さんの作品は全て好きなのですが、なんと今回は、予想もしなかった「雑草」が展示されていて、嬉しいのと懐かしいのと。小さくて、本物と見紛う彫刻です。以前に見たのは2006年に同じ美術館でした。展示場所も毎回さりげなくて、今回は床の中に。
あまりにささやかで、普段気にも留めない雑草が、こんなに精緻な彫刻になって確かに存在することに元気をもらえる作品です。

所蔵品であってもちょうど展示される訳ではないので、出ているとは思っていなかったのですが、観て回る中で、舟越桂さんの彫刻「傾いた雲」も。吸い寄せられるように眺めてきました。その周りだけ、ひたひたと水が満ちているかのような静謐な空気が流れていました。

個人的にはこの二点だけで大満足です。

絵画、写真と合計300点余り展示されていますので、見応えありますよ。


オランダの歴史家に、人間はホモ=ルーデンス(遊びの人)だと分析した人がいるそうです。

以前読んだ生物学のごく易しい本にも、遺伝子にはエクソンとイントロンとがあって、イントロンは塩基配列のうち転写されるもののアミノ酸配列に影響しない部分ということが書いてありました。
転写の過程で望ましくない変異が起こっても、イントロンがあることで、そんな変異が必ず反映されて遺伝されてしまうことを防げるため、そういう機能らしからぬ機能を果たしているという話だったと記憶しています。

と、ちょっと両方をつなげるのは乱暴かもしれませんが(笑)
実用的な目的に直進する事しかしない、考えない、というのでは私には詰まらないなと思っており、余白のような部分だったり、他の人にはどう見ても遠回りか無駄なんじゃない?と思われるであろうことも、必要な弛みだと思います。だからいつも一生懸命遊んでいます

時々煮つまるので、仕事のように続けないと仕方ないことの中にも小さな遊びを見つける余裕がほしい所です。

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


<<水無月の台風 | TOP | 日曜の中之島>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/283-65868830

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。