いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/02/26 (Sun) 今年の梅

ceries_0226_convert_20120226184436.jpg

大阪城の梅苑。
去年は谷町九丁目から何かに逸るような気持ちで二月初めに観に行きました。
今年は、天満橋からなので歩いて散歩してきました。
お濠をぐるっと、京橋から塀の内に入って、内濠沿いに進むとお花が見えてきます。

あいにくの曇天に真冬並みの気温でしたが、梅苑は寒さの中に咲き初めた花を楽しむ人々で賑わっていました。
何でも揃う現代でもやはり観たい梅の花ですから、古来、歳寒の三友として松、竹と並び愛された理由がよく分かります。すっと伸びた枝ぶりと、小さくて凛とした花弁に、ほのかな爽やかな香りは、冷気の中でこそ引き立つ気もします。

余談ですが、大阪城は大阪に暮らすまではあまり関心がなかったのですが、住み慣れてくるとその土地が持つ記憶に思いを馳せるとともに興味が湧いてくる場所です。ここが残っているのは大阪にとっては大切なことだと、眺める度に思います。
chateau_0226_convert_20120226184505.jpg canards_0226_convert_20120226184538.jpg

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


<<砂時計のこと | TOP | 波のまにまに>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/275-cc964427

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。