いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/09/25 (Sun) Voyage a Shanghai #5

さて、上海五日目の最終日。

地下鉄で南京東路駅まで行って、噂の小楊生煎館で念願の生煎を。随分行列が出来ていましたが、テイクアウトの捌き方も素早く、すぐに順番が回ってきました。それでもまた後に行列が出来て、多分一日中こんな状態のお店です。平たく言えば小龍包の片側を焼いて葱や胡麻を振りかけたおやつです。お好み焼きやたこ焼の気分。風味豊かでかりっとした歯ごたえが香ばしく美味しいものでした。口中を軽く火傷しますが(笑)、食べた人が時々恋しがる気持ちがやっと分かりました。

人民広場に出て、南京東路側を臨んだところ。
0924nankintonru.jpg

そこからぶらぶら歩いて、民間住居などを通り抜け、静安路沿いを西へ。
0923promenade.jpg

その先のショッピングビルに囲まれた場所に、静安寺という金色のお寺があり、元々は蘇州河の辺りに247年に建立された真言宗の寺院が移されたものだそうです(9世紀には空海も遣唐使で訪れたとか)。お参りしませんでしたが、読経の様子を高野山と比べてみても面白かったかもと後で思いました。


散歩を終えて、浦東空港へ移動。
滞在中、二日目以降はずっと晴れていたので、この日は空港で綺麗なグラデーションを見ることが出来ました。
0924_184144.jpg

搭乗口へと向かう空港の通路までも、旅愁でしょうか、見るものすべて美しく。
五日間って早いなという実感と、本当に楽しかったという気持ちとに包まれて帰国しました。
 aeroport.jpg

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


<<身体が語るもの | TOP | Voyage a Shanghai #4>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/266-937a4337

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。