いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/05/15 (Sun) beautiful, fearful, fragile

街でポスターを見かけて以来気になっていた映画「ブラックスワン」を公開直後に観てきました。ここ数年機動力に欠けて見逃したことが多かったので、初志貫徹は珍しいのです。学生時代は年間100本近く観ていたのですが、時代変わればというところでしょうか。

主演のナタリー・ポートマンがアカデミー賞を受賞したそうで、そうした点からも話題のようです。個人的な興味は専ら設定がバレエの世界という所。それにしても、「レオン」のマチルダ役の頃から怖い位整った顔立ちの少女でしたが、今回の作品では時々オードリー・ヘプバーンにも見紛う瞬間があり(あくまで個人的な印象ですが)、とても美しく成長した女優さんを見ることが出来たのも嬉しい気分でした。

作品自体が公開中ということから詳述は避けますが、厳然たるスターシステムの悲劇というものをひしひしと感じずにはいられませんでした。一番か、それ以外。二元論に嵌めてはいけないのかもしれませんが、えてして西洋的な舞台、音楽、スポーツはそうした絶対を求める強さがあって、明らかな才能の壁で仕切られ、上位数%に入ったとしても、さらに精神と肉体を酷使する熾烈な競争のある世界。そこに身を投じていながら性格上の弱さがある上に、それを追いつめるようなメンタル面の脆い母というリスクファクターを負った主人公ニナが崩壊していく様子は、彼女が傷つく度に観ている自分自身も幻の痛みを鋭く受けるような感覚が終始伴い、感覚をえぐり取られていくような時間でした。また、完璧主義で優等生タイプのニナが、彼女自身とは異質の個性でかつて輝いていた大先輩や、自分を解放できない彼女とは正反対に奔放で魅力的なライバルを目のあたりにして悩む姿が、ごく普通の生活を送る中にもやはり共感してしまいました。

そうして目を覆う瞬間も多々ありながら、数日経った今日になるともう一度観に行こうかという気もします。

きくみる | trackback(0) | comment(0) |


<<子供の時間 | TOP | 舞の会(5月21日)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/256-7074b856

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。