いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/05/08 (Sun) 舞の会(5月21日)

botan.jpg

現在、5月23日まで大阪歴史博物館で開催中の上方舞・山村流展の企画の一環として、会期中に舞浚いの会が催されています。既に4月9日と23日は終了、残るは5月21日となります。

うかうかしているうちに、舞組を今日拝見しましたので、ブログも更新することにしました。
(5/15番組修正と一部追記)

***********************************
『山村流 舞の会』
平成23年5月21日(土)大阪歴史博物館/4階講堂
午後2時開演(午後1時30分開場)

<舞組>
長唄  狐
上方唄 いざや
上方唄 花筏
地歌  滝づくし
端唄  高砂
地歌  鶴の声
端唄  夕暮
地歌  芋頭
地歌  露の蝶
上方唄 どんでん
長唄  浦島
長唄  お兼
上方唄 紀伊の国
地歌  春日影
上方唄 わしが思い
端唄  高砂
地歌  七福神
大和楽 舟
長唄  夏の夕暮れ
地歌  木津川
小唄  酒と女・筆の傘
端唄  春雨
地歌  落とし文
小唄  満月
端唄  お江戸日本橋
地歌  すり鉢
上方唄 霧の雨
上方唄 五万石
上方唄 松づくし(六世宗家 山村若 師)

***********************************

一般の方のお名前も多いため、取り急ぎ曲名のみで失礼します。

4月9日に続き、この5月21日も舞わせて頂く機会を頂戴しました。
お運び頂けると大変嬉しいです。

千穐楽にて、御家元は「松づくし」を舞われることになったそうです。華麗な扇使いが必見です。

幕開けから、光先生「狐」、謙江先生「いざや」、郁子先生「花筏」と錚々たる方々が続いた後に出番を頂き、私自身は「滝づくし」を舞わせて頂きます。自分の番でいきなりお目だるくなること必至な状況ですから、ここは胸をお借りするつもりで思い切って参ります。何卒、鷹揚に温かい目でご覧になってやって下さい。

<5月15日時点の新情報>
いつもは夏にロシアから帰国する女優・オリタ嬢が「鶴の声」で初出演になりました。いろんな点で毎年刺激を受けますが、私はいつもそのシンプルでいて正鵠を得た考え方に射抜かれます。ここに書くのもおこがましいですが、舞の舞台で二枚扇に挑む彼女に、ぜひご声援をお願いいたします。

さきのこと | trackback(0) | comment(0) |


<<beautiful, fearful, fragile | TOP | 51 mois>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/255-fae51af7

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。