いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/03/27 (Sun) 真昼の月

shinobubleu.jpg

北京在住の某D氏から頂いたChansons de Parisという三枚組のCDがあって、時々かけています。
(それにしてもこの方とは大分喧々諤々と衝突しましたが、喉元過ぎれば愛すべき所も多いもので。)

昨日何気なく朝食のときに聴いていて、ふと、大学時代の初パリ短期滞在の記憶がフラッシュバックしました。
毎朝サンラザール駅で乗り換える時にパン・オ・ショコラを買って、ヴァンドーム広場の語学学校に向かっていた時の空気とか街の匂いとか。早くパン食べたいな、なんてことも思っていましたが、足早に闊歩しながらこれからの自分の人生どうなるんだろうなと、まあ前途洋々とはいかなくてもそれなりにうまく行くんだろうなんて漠然と甘い考えを持っていたのは確かです。

その後、夢破れて、という程でなくても思った通りには進んだとは言い切れず、ただ、行き当たりばったりの割には出会った方々のお蔭もあって少しずつ明かりは見えてきたように思えます。結局その道中で見えてきている景色をつないでいるのであって、選ばなかった分岐点の先にあった筈の景色と比べることは出来ないのです。

と、消化しているつもりなのですが、因果な性分で、人から受ける期待というものに全て応えようとしたり、旧態然とした環境で育ったせいかいわゆる世間のendless & irresponsibleな追及(進学とか就職とか結婚とか出産とか、さらにその先ってずっと追われるようで、何で訊いてくるのか、どこまでクリアすればいいのかという...)を感知してしまって疲れたなーと思うことも時々あります。遅々としていても自分なりに進んでるんだからいいんじゃない?と、自ら認めないことには、誰かが認めてくれるなんて期待しちゃいけないんですけどね。

さて、ちょっと底まで落ち込んだからまた浮上します。

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


<<51 mois | TOP | 4月の舞浚い会>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/253-5c8cb56f

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。