いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/22 (Tue) 京都観光

mayoi 2mayoi_20080723001013.jpg

友人が京都に来るというので、日曜は朝から観光へ。
詩仙堂、源光庵に連れて行ってもらいました。私の方が一応関西住まいなのですが、相手が何かと詳しいのでお任せ。(楽なものですね~kao03いいのかしらこれで...という位に頼ってしまいましたが)
いずれも、静かでとても素敵なお寺でした。
源光庵では、血天井と窓が見ものとのこと。窓について、お寺でいただいたパンフレットには以下のように書かれています。
 悟りの窓は円型に「禅と円通」の心を表わし、円は大宇宙を表現する。
 迷いの窓は角型に「人間の生涯」を象徴し、生老病死の四苦八苦を表わしている。
見た時には、四角に惹かれてしまったんですが、まだまだ迷いがあるからでしょうか。

暑い中でも、お寺の縁側で微かにそよぐ風を受けながらお庭を眺めていると、とってもリラックスできました。感謝。

shisendo.jpg

つれづれ | comment(4) |


<<相合橋の上 | TOP | 夜の燕>>

comment











管理人のみ閲覧OK


源光庵は

お初のコメントです。

源光庵は、たしか鷹峯にありましたよね?
あのあたりは嶋原太夫の道中でよくおとずれました。常照寺、光悦寺も良い感じ。
京都の中でも隠れ里風な感じが好きです。

2008/07/27 23:30 | さつき。 [ 編集 ]


Re:源光庵は

さつき。さん

コメントありがとうございます!
お書き下さったように、確か鷹峯といった辺りだったと思います。地名を見かけて、本阿弥光悦らがかつて活動していた拠点の近くなのかな?と思ったのでしたが。
常照寺、光悦寺も落ち着いた雰囲気なのでしょうね。私は行ったことのないお寺が多いので、こうした情報をいただけてとても嬉しいです。

2008/07/28 22:25 | 椿 [ 編集 ]


そうです!

鷹峯は本阿弥光悦がかつて活動の拠点に
していたところです。光悦寺はもと光悦の
お宅があったところだそうですよ^^
なんともいえないユーモラスな、それでいて
いい風情の漂うお寺でした。
あのゆる~い坂は疲労のもとですけど・・・
詩仙堂も行きましたよ!こじんまりしてるけど
素敵。
昔の文化人が住んでたようなところが過剰に
観光化されてなくていいですよね!

2008/07/29 19:39 | さつき。 [ 編集 ]


では次回!

ありがとうございます。
さつき。さんのお蔭様で次に行きたい所が増えました♪

2008/07/29 22:09 | 椿 [ 編集 ]


| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。