いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/21 (Mon) 夜の燕

tsubame.jpg
少し分かりにくい画像ですが、つばめが釘に止まっています。
実家で巣を作り、雛もかえっているので夜になるとその近くで親鳥が必ず二羽止まっているのです。眺めているといじらしく、愛情深く思われるのは、彼らが明日をも知れぬ身だと思うからかもしれません。猫や蛇に襲われるかもしれないのです。ただ、確かだと思う自分も実は同じように不確かな刻を過ごしているのであって、その瞬間もその時限り。家族や大切な人にいつか言おうと思っていることだって、伝える機会を不意に逸することがあります。
現実がすべてというのも、投げやりということではなくて、目の前のことを大事にするということで良いんじゃないでしょうか

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


<<京都観光 | TOP | 上方伝統芸能ナイト (7月19日) その後>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/24-34f4ef18

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。