いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/02/13 (Sat) 意外な團菊祭

東銀座の歌舞伎座が閉館してしまう前に一度行きたいと思いながら公演情報を観ていましたら、「道頓堀初お目見 團菊祭」の文字が。
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/osaka/2010/05/post_19.html

五月恒例の大歌舞伎を松竹座で出張公演するんですね。座組にちょっと期待できそうでしょうか。
といって、なんとなく大歌舞伎でも、大阪だとアウェイ感覚なんだろうな(気合いが...)と感じてしまうことがままあるので、歌舞伎座もしばらくは閉館してしまうのですから、全国どの劇場でも熱演して頂けると嬉しいなと思います。

さきのこと | trackback(0) | comment(2) |


<<舞浚いの会 | TOP | もっと歩きます>>

comment











管理人のみ閲覧OK


地芝居

お稽古頑張っておられるようですね。
歌舞伎はおっしゃるように、地芝居が増えるのは確かです。しかしあなたのおっしゃるように、見る側も何か歌舞伎座とは違和感を覚えるし、役者も気合の入れようが違うでしょう。
実際大向こうからの声もあまりかからないし、芝居をよく知らない人が多いのは確かですね。

建て直しまでの最低3年間、テンションを高めながら維持できるか、かなりの難問です。

また一度京都にお遊びにおいでください。

2010/02/22 23:13 | 高橋洋文 [ 編集 ]


高橋先輩

今更ですがコメントありがとうございました。理想論なんですよね...自分自身、観る力を養わないといけないのは確かだと思います。

ぜひ一度京都にもお邪魔させていただきたいです。

2010/03/05 21:37 | 椿 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/208-e1242ca2

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。