いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/01/28 (Thu) 雑念

tentosen.jpg

現在、地歌「鐘が岬」と端唄「柳々」をお稽古で教えて頂いています。曲は数分の短いものであっても先生が及第点を下さる程にしっかり舞えるなんてことは本当にまだまだ遠い身。難しい曲とあればなおのことで、毎回本当に内心(いや顔にも出ているかもしれませんが)必死で覚えています......でも、努力目標がある状態って幸せですよね
動きが硬いのを何とかするのが目下大きな課題です。

両方とも音も美しく、聴きこむとより楽しいのですが、特に道成寺に絡む「鐘が岬」はいろいろ意味を思い巡らせています。
道成寺は和歌山県の日高町にある実在のお寺です。若く美しい僧が真砂の庄司の娘(物語では清姫ということになっています)に惚れられ、逃げた挙句にお寺に駆け込み、娘は逃げられた恨みで追いかけて追いかけて蛇と化し、ついには鐘に巻き付いて焼き尽くすという筋はお馴染みです。お能にしても歌舞伎にしてもその後日談のような形で、お寺が焼けた鐘の供養をしようという日に不思議な美女が出現し、供養のためと称して舞ううちに本性を現し、蛇となって鐘に執着します。

地歌もこの流れですが、長唄同様、途中からくだけて廓の女性の口説き調になります。お能由来だった所に長唄の筋を取り入れたのか、または地歌が先で長唄の方が要素を取り入れたのか、こういう構成になった成立の経緯をちゃんと調べてみたいところです。

少し前に知ったのですが、そもそも女性が成仏するには何となく条件が多いことになってるんですよね(敢えて書きませんが。)この地歌の歌詞には仏教的な用語が随所に入っていますし、そういう背景からしても、この話は単に娘が迫って僧が逃げたということではなかったのでは?と他愛ないことをはたと思いつきました。その上で、成仏することが肝心と考えるなら追いかけるのも無理はない...と同情したりして。(ちなみに白洲正子氏のエッセイでは、清姫の子孫らしき方々がいらっしゃるそうで、美貌の系統のようでした。)何をいまさらという話なのですが、何となく腑におちたので書いてみました。

つれづれ | trackback(0) | comment(2) |


<<百貨店 | TOP | 「大阪人」天王寺22町特集>>

comment











管理人のみ閲覧OK


違ってたらごめんなさい

はじめまして。
上方舞というキーワードで検索しているうちにこちらにたどり着きました。
過去の文章も少し読ませていただきましたが、私の知っている人とよく似ていらっしゃるので「もしや?」と思い書き込みさせていただいています。

私も以前上方舞山村流を習っていまして、住んでいる地域にお教室がないため四国から大阪まで通っていました。
そのときに同じお教室に通われていた方で椿さんによく似た経歴の方がいて、稽古場でお会いするとお話したりときどきお稽古帰りにお茶にご一緒させていただいたりとご親切にしてくださいました。

私は現在は子供を出産してお稽古をお休みしておりますが、子育てが落ち着いたらまた習いに行こうと思っています。


お名取になられたとのこと。
本当に本当におめでとうございます。
黒留袖、一生の宝物ですね。

2010/02/09 10:15 | ナデシコ [ 編集 ]


ナデシコさん、ご訪問ありがとうございます♪
間違っていません。以前お稽古場でご一緒していた者です。
遠くからお通いになって一生懸命習っていらっしゃいましたよね。

無事ご出産なさったんですね。おめでとうございます!!!
また落ち着かれたらぜひお目にかかれるのを楽しみにしています☆

2010/02/12 18:24 | 椿 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/204-47fa59d1

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。