いろは椿
2008/06/19 (Thu) もの思う初夏

soyu2.jpg


基準は様々として、つくづく、世の中には神様に愛されている人がいて、二物どころか五物くらい備わっていたりするものですが、それでいて居丈高にならない人や、自然に他者に敬意を表することのできる人に会うと、強烈に魅力を感じるとともに、自省を覚えます。

そんな気持ちで帰宅したところに、和久傳からの封筒が。小口客にもまたちゃんと、季節の小冊子「桑愈(そうゆ)」が届きました。引越前のブログでも以前紹介しましたが、和綴り本の体裁で、中の印刷もそのようなのんびりしたものです。時々はゆっくりした文章を読んで、気持ちをやわらかく。

よきこと | comment(0) |


<<お稽古帳(夏) | TOP | 新居です>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード