いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/06/01 (Mon) 地歌「花の旅」

aoume.jpg

今回は地歌「花の旅」を教えていただいています。

先日の舞扇会で舞われた方がいらしたのに見逃してしまいました。その時の番付には先生が懇切丁寧に書いていらっしゃる「鑑賞の手引き」があり、また、別にいただいた歌詞と解説と併せて読んでいると、行ったことのない伊勢路でもなんとなく親しみを覚えます。

私は型をきっちり追おうとするのが精一杯ですが、これは上手な方が舞うと、きっと観客にも一緒に旅しているような浮き立つ気分が出るのでしょうね�j�R�j�R�B�@����

お稽古 | comment(2) |


<<中之島駅から美術館へ | TOP | ものよろこび>>

comment











管理人のみ閲覧OK


花の旅って

花の旅・・確か島原の廓(さと)の女性が
お客と一緒に旅立つ・・とかそんな内容だった
でしょうか・・地歌には嶋原が舞台の唄が
たくさんありますね・・代表的なのは・・
茶音頭、かな。
どのような振り付けになっているのでしょう。

私はもう、全然初心者なので今は舞の振りを追うことすら大変です・・^^;精進精進ですねぇ

2009/06/02 20:17 | さつき。 [ 編集 ]


Re: 花の旅って

さつき。さん

教えていただいたままでごめんなさい... 勉強になりました(謝)
詠み込まれた宿場のうち、「櫛田」「松坂」辺りを過ぎてもうすぐ「山田」でお伊勢さんです。
振りに追われるのはお互いさまなのですが...、それもまたも楽しいんですよね♪

2009/06/12 22:36 | 椿 [ 編集 ]


| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。