いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/05/27 (Wed) 輪と和

il_cipresso.jpg

それぞれが1:1でつながっていたランチ友達の点と点をつないで、今晩はようやく4人で食事に行きました。気がおけなくて楽しかったです♪
やっぱり仕事のスタンスや美学が似ていると(例えて言うなら、Give & Takeで何故かいつもGive側になってしまうとしてもTake一辺倒の輩になんてなりたくないタイプ)、何となく同じ匂いのする人同志を察知するのが面白いところです。

南森町で気になっていたイタリアンに行きましたが、期待通りで満足でした。ショップカードがそのままお店の地図。大阪(北区菅原町)なのにちょっとパリの市街地図を彷佛とさせるデザインで洒落ています。そこから飛躍して、先日新大阪の駅でイタリア観光の宣伝を見た時に、実は大阪とヴェニスは共通点が多いなあと感じたことを思い出しました。水の街で、商人の力で作り上げてきた所など。(実際、それは堺の話ですが、来日した宣教師に東洋のヴェニスと称されたことがあったようです。)こう書くと「全然違う」と言う方もいらっしゃるかもしれませんね。ヨーロッパの街ってすごくお洒落なイメージがあるかもしれませんが、どこにでもあるような風景や瞬間が絵葉書や雑誌で伝えられると美化されてしまうので、暮らしてみると「何だか普通だな~(あ、でもこういう場所が写真になるとお洒落に見えるんだ)」と感じることも多くて、プレゼンテーション次第というところがあります。あながち大阪が卑下する必要は無いと思うんです。

大阪もいい所がたくさんあるのだから、お笑いとか原色とか派手な演出のイメージばかりでなく、もっと大人が楽しめる「余裕」の部分も前面に出していくような街づくりがあってもいいんじゃないかな?と感じます。酔いも手伝ってちょっと大阪論になってしまいました(笑)

追記:天保山のサントリーミュージアムでこんな展覧会やってるみたいです。

つれづれ | comment(0) |


<<ちょっと神戸まで | TOP | Happy moment>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。