いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/29 (Sun) 小袖展と夕遊花舞台@大阪市立美術館

kosode_090514.jpg  kosodeten_info.jpg
(情報は画像をクリックしてご覧ください)

古今東西の染織関係資料を収集し、特に小袖については国内屈指のコレクションを誇る松坂屋京都染織参考館(昭和6年開館)から、小袖や雛形本など約300点が初めて展示される催しだそうです。
チラシも綺麗ですよ~kao03協賛の大丸百貨店にも置いてあります。

小袖 -江戸のオートクチュール-
場所:大阪市立美術館((大阪市天王寺区茶臼山町1-82/天王寺公園内)
最寄駅:JR・地下鉄各線「天王寺」駅
会期:2009年4月14日(火)~5月31日(日)
時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館:月曜日(但、5月4日は開館)および5月7日(木)
入館料:一般/当日1,200円 前売1,000円
    高大生/当日900円 前売700円
    中学生以下は無料
☆和服で来館すると200円割引だそうです。

また、この会期中には、大阪ナイトカルチャーイベントの一環で、日本経済新聞社の企画も実施されます!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
��『木曜美術館 夕遊花舞台』
2009年4月16日(木), 23日(木)および5月14日(木), 21日(木)限定。
小袖展の入館時間が夕方17:30からに延長され、続けて、美術館内で上方芸能が上演されるというダブル企画です。

17:30~ 開場
17:30~19:00 「小袖展」鑑賞
19:00~ 上方芸能鑑賞

場所:大阪市立美術館エントランスホール特設舞台にて
※鑑賞には申し込みが必要です。(有料/定員各回 150名)
-----------------------------------------------
4月16日(木)「春の蝶 三つどもえ新星浪曲師&若トラ噺家」
        菊地まどか、春野恵子、幸いってん、桂春菜

4月23日(木)「春の華 京舞・井上流ではんなりと」
        祇園甲部の芸舞妓、演劇評論家:権藤芳一

5月14日(木)「春の月 あでやか上方舞、山村流の粋(すい)」������
        山村流六世宗家:山村若ほか

5月21日(木)「春の嵐 笑女たちのなにわ繁昌記」
        露の都、桂あやめ、桂三扇、桂ぽんぽ娘
(以上、敬称略)
-----------------------------------------------
<料金>
4月16日・5月21日・・・お1人様(各日)3,500円
4月23日・5月14日・・・お1人様(各日)4,000円
※小袖展の鑑賞料を含むようですが、こちらの料金には各種割引は無いそうです。

<申込方法>
住所、氏名、日中連絡が可能な電話番号、ご希望の公演日、参加人数をご記入の上、日本経済新聞社・企画事業部までファクス(06・6946・8470)またはEメール(osaka.semi@nex.nikkei.co.jp)にてお申し込みください。

<問合せ>
日本経済新聞社(企画事業部) TEL:06-6946-4104 

さきのこと | trackback(0) | comment(0) |


<<神宮の森 | TOP | 舞踊の会を観てきました>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://irohatsubaki.blog19.fc2.com/tb.php/120-ca0d496e

| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。