いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/20 (Fri) 眼福でした

090320.jpg

に志田さんの「明光展」に伺ってきました。久しぶりの京都は風が強くて肌寒く、春物とはいえコート持参で正解といった気温でしたが、雨は朝のうちにあがっていたのは何よりでした。(画像の暖簾も風で揺れています)
錚々たる方々を顧客にお持ちにも関わらず、私達のような普通の客にもいつも丁寧に応対して下さいます。色、柄ゆき、合わせ方等の細かい質問にきめ細やかにお答え下さったり、目の勉強をさせて下さる懐の深さがおありで、安心できる名店です。きものに興味を持ち始めてから他店や雑誌情報も折に触れてはいろいろ見るようにしていますが、に志田さんの洗練度は格別。染めといい、刺繍といい、心を奪われる素敵なきものや帯が並んでいて、今日も町家の中は百花繚乱といった趣きでした。
室町でお昼をいただき、美しい呉服を見て、お茶で一服して、帰途につきました。母と続けていきたい楽しい行事の一つです。

きものは高価ですが無茶なものではなく、本当に多くの職人さんの技と手間がかけられていますよね。良いきものを誂えると、衣装が泣かないように、着る側の自分も心身の状態を高めておかないと、という気持ちになります。寿命が長いのも良いところ。例えば、以前は白地の帯は汚れそう...と思っていましたが、たくさん締めて、汚れてきたら染め直しもできるし、柄や刺繍も後から増やして雰囲気を変えることも出来ると知った時には、柔軟な世界に目から鱗が落ちる思いでした。40年以上経った母のきもので私が着ているものも多いですが、ここ数年で誂えてもらったきものも、これから数世代(姪に着せて?)大事に着ていきたいと思います。

つれづれ | comment(2) |


<<Anniversaire | TOP | 医療支援チャリティコンサート>>

comment











管理人のみ閲覧OK


椿さんの素敵なコーディネートはこちらでしてらっしゃるんですね。
着物って、敷居高いけれど見ていると楽しくなってくる美しさがありますよね。

2009/03/21 17:01 | Kayo [ 編集 ]


身近なところから

Kayoさん、いつもコメントありがとうございますi-265
去年10月のパーティの時に着てたのはこちらのお店で頂いた品なんですが、普段は母のお下がりで充分楽しめてます。きもの、帯、にあれこれ小物を合わせるのもはまります。Kayoさんのお宅にもきっと活用できる品がありますよ~。

2009/03/21 22:42 | 椿 [ 編集 ]


| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。