いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/10 (Tue) 弥生の伝聞

sakura.jpg

貝合わせは3月桃の節句辺りの文様だとラジオで作家さんが話してました。おめでたい意味合いで年中使えそうなのですが、雛祭りの遊びから連想するとそうなるようです。(貝桶も一緒ならもう少し広く使えるのでしょうか?)但し、陰暦であれば今月一杯は季節と考えることも出来るそうです。自然は曲線で出来ている、という言葉もどこかで聞いたことがありますが、はまぐりのカーブって綺麗ですよね。

---------3/22追記---------
呉服屋さんで伺ってみました。貝の中に、花や季節の文様を組み合わせることで特に3月に限ることなく、貝桶も貝合わせもおめでたい柄として使えるようです。それでも、素材として最も似つかわしいのは3月の節句でしょうね、とのお言葉で納得。
勉強になりましたkao03

つれづれ | comment(2) |


<<蓬莱その後 | TOP | 日本舞踊協会関西支部 舞踊の会(3月27-28日)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


綺麗ですね~。
貝合わせのお道具って、華麗で大好きです。
神経衰弱、大好きだったのでちょっぴりこれが使われていた時代に生まれなかったことが残念。。。

2009/03/15 23:12 | Kayo [ 編集 ]


貝合わせ

コメントありがとうございます♪
Kayoさんのお家なら探してみるとそんなお道具も実はどこかにしまってありそうですねi-179通勤途中に、丹青堂という書画店があるんですが、そちらに商品が飾られていていつもちょっと気になってます。

2009/03/15 23:18 | 椿 [ 編集 ]


| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。