いろは椿
2013/12/30 (Mon) マングローブ

今年印象の強かったことの一つに、沖縄で見たマングローブの木があります。八重山ではヒルギとして知られる植物ですが、語の由来は「漂流木」の音が変化したとか。

密林のようなマングローブの森。川で上りながら眺めると、根がぼこぼこ隆起していてどちらかというと気持ち悪い眺めなのですが、この形は、海につながる塩分濃度の高い川で生き延びるためなのだそうです。

生きやすい内陸ではなく、敢えて通常の植物には危険ともいえる潮水で生きることを選んだマングローブ。痩せた体育座りの膝のような無数の根は呼吸のための形状で、吸ってしまった塩分は木にとっては毒となるため、葉に蓄えて、黄変した葉を落とすのだそうです。

そんな耐性ぎりぎりの瀬戸際で生きているマングローブですが、この木が生えている川の岸辺は木の営みのお蔭で栄養が豊富になり、シオマネキ(蟹)や小さな魚が暮らしやすいのだとか。

また、枝のように見えるものが所々垂れ下がっているのですが、実はこれが種子で、ある程度の大きさに育ってから、水面にぽとっと落ちて、ぷかぷか漂流し、行き着いた泥土に刺さって根を生やすそうです。

マングローブの健気さと強かさに、自然はそのままで完全なんだなと感動したのでした。

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/12 (Thu) No rain, no rainbow

雨が降らないと虹も出ない、って前向きですね。

やはり雨あがりはほっとしますし、美しい七色の現象を偶然目にすると嬉しいもの。

ただ、実際には、雨が降るのも自然、止んで虹が架かるのも自然、どちらに優越もないんですよね。自然に起きること、自分の意志とは関係なく降ってくることを淡々と受け止められたらいいなと思います。

Trifles | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/04 (Wed) 雪月花

雪月花、は好きなものが全て入った好きな言葉です。

禅では、それそのものが美しいのではなくて、美しいと思える心を持つという所を指すようです。うちひしがれていては、いくら美しい景色や花を見ても響いてこないということなのですが、私は落ち込んでいても、煌々と冴えた月が空に浮かぶのや、ほころんだ花びらにどれだけ救われてきたことか。粉雪が舞うのを見ても、あっ、と気持ちが切り替わります。

これを見たから今日は好い日だったのかもしれない、と思える瞬間は、こういうシンプルな所に宿ると思っています。

Trifles | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード