いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/09/29 (Sun) 猫が埋めてくれるもの

大丸心斎橋店での岩合光昭さんの写真展に行ってきました。普通なら一歩間合いを詰めただけで逃げるような野良猫も自然体で寛いで写っているのは、撮る人が被写体にどれだけ優しい目を向けているのかの顕れだと思えて、温かい気持ちになれる好い作品群でした。

実家に帰れば三匹もいるのですが、猫は暮らすうちにこちらの気持ちの襞や感性をいろんな形で揺さぶる気がします。気まぐれに翻弄されたり、かと思うとすぽっと懐に転がり込んできたり。そうした日々で感じる、彼らの獣としての美しさや天衣無縫な愛くるしさが、 猫を描いた絵画やこうした写真のような作品には(自分では表現しえない形で)凝縮されているのですから、なかなか楽しいものなのでした。そう言えば、去年ロダン美術館でみた猫の彫刻も官能的なまでに丸い曲線が印象的でした。

写真で見ても、手のひらに残る小さな頭の感触や、ぴんと張った尻尾を撫で上げる時に小さく、にゃ、と鳴くのを思い出します。

スポンサーサイト

きくみる | trackback(0) | comment(0) |


2013/09/25 (Wed) 伸びゆくひと

2011年に休職してシンガポールに行った友人が、ワシントンDCに戻って復職するとか。能力と機会は卵と鶏というより、能力をたゆまず伸ばす先に機会が生まれてくる訳で、多分この友人の能力をもらって生まれたとしても私の甘い性格ではそこまで伸ばせない。

二年って早いなと思うのと、まだ二年だったのねと思うのと。

生きていく道の途中で時々交差するのが楽しみな友人が何人か居てくれるのは、学生時代の宝物だと思う。

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


2013/09/20 (Fri) TORAYAカフェ


会社の先輩から、お洒落なお菓子を頂きました。洋菓子なんですけど餡が使われていて、むちっとした濃厚さが美味しい♪♪♪

写真を撮る前に食べてしまったのですが、マロンカラーの箱もシックで、素敵ですよ。

とらやカフェって、青山近辺と六本木にしかないんですね。わざわざ私にもお取り寄せしてくれた気持ちが嬉しくて、心もほっこりさせてもらいました^^

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


2013/09/13 (Fri) イグ・ノーベル賞と椿姫

ちょっと不思議な研究に授与されるイグ・ノーベル賞。発表のニュースを密かに楽しみにしているのですが、今年の医学賞は、心臓移植をしたマウスに椿姫の曲を聴かせるとモーツァルト等より拒絶反応が抑えられたというものだそうです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130913/t10014511351000.html

脳内でハミングしてたら何か抵抗力つくかしら

Trifles | trackback(0) | comment(0) |


2013/09/12 (Thu) 一息


ほんの少し秋らしくなった、と思いきや、熱帯夜や夏の暑さがぶり返していますが、確実に涼しくなった分お花はやっと息がつけるようです。

ハイビスカスも次々つぼみをつけますし、朝顔もよく咲くようになりました。花びらの質も、真夏はくちゅくちゅになっていたのがなめらかに。

今朝は初めて目にする色の朝顔が、つるを伸ばした先のこんな所に、という場所に二輪ふわっと浮かんでいて、美しさと意外性に声をあげてしまいました。

季語にはならなくても、やっとほっとしている様子はいじらしいものです。

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


2013/09/08 (Sun) タフでなければ

読んだこともないのに気に入ってるフィリップ・マーロウの台詞。

「タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない」
If I wasn't hard, I wouldn't be alive. If I couldn't ever be gentle, I wouldn't deserve to be alive.

ハードボイルドの主人公ですから、男は、という前提なんでしょうが、素敵ですよね。タフで優しい女性も大好きです。仲良くなって信頼できるのはそんな人。

この世で生きていくには気立てが良すぎる、って言葉を今日見かけました。でも、それでも生きなきゃいけないんだから、泥まみれで息が詰まりそうでも折れたらそこまでなんですよね。自分だけ無垢です、硝子のように繊細です、なんてことは無いので、良い芽の部分を強く、接ぎ木しながらでも1mmずつでもいいから、伸ばせる所までは伸ばしましょうよ。

Trifles | trackback(0) | comment(0) |


2013/09/01 (Sun) 竹内栖鳳展

9/3~10/14 東京国立近代美術館にて『竹内栖鳳展』があるようです。

http://www.momat.go.jp/Honkan/takeuchi_seiho/index.html

「班猫」が以前から見たいのですが、まだらねこ、だと思っていたら、はんびょう、でした。(読みとちりはよくあります
雉虎模様に、眼が蒼いのが魅力ですよね。あるいは光を当てられて反射した瞬間なのかも。

他に、「おぼろ月」という叢で月を見上げる狐を描いた作品も獣の背から尻尾にかけての筋肉の感触まで写したようで、新聞で見てもこうなら、実際の絵には何とも言えない良さがありそうです。

さきのこと | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。