いろは椿
2010/02/28 (Sun) いくたまさんと玉秀庵

hina.jpg
今日は、先生に連れていって頂いて生玉神社内の「玉秀庵」でのお茶会に伺ってきました。
裏千家の淡交会青年部・大阪南支部のご主催です。濃茶席、薄茶席(立礼)、点心と2時間かけて、いろいろ見聞させていただきました。着物、和、のキーワードは同じなのですが普段の舞の世界とは何だかまた違いました。(そもそも知らないことばかりで、でも、知らないことをちょっとでも知ることが出来たので何事も経験です

春に向かう気分に満ちた趣向で、季節感っていいものだと楽しめました。画像は、青年部の方々が作成された流し雛の飾り。お茶碗やお菓子も目と味覚を楽しませてくれるものでした。

お茶は、学生時代にほんの少し表千家筋の先生に習いましたが、その頃はテニスに燃えていて大学よりテニスコートにいる時間の方が長い位の生活をしており、お稽古用の靴下を持参するのすら面倒ですぐ通わなくなってしまいました。あの時続けていたら、どうなっていたのかなとふと思いますが、やはり縁のものなのでしょう。
お流儀はこだわりませんが、私の場合には一にも二にも舞ありきなので、そのお稽古に差し障りのない月1回程度で、茶道そのものに集中できる環境で、感覚やお道具が洗練された教室があれば通ってみたいものです(単に理想ですが)。

0228.jpg
待ち合わせの間、神社境内のお庭で椿や梅を眺めました。画像の花は実際には美しい薄紅色の斑が入っていました。お茶会でも、濃茶席の床の間に(たしか玉之浦と聞いた)椿が生けられ存在感がありました。
浄瑠璃社にもお参りし、絵馬を求めてきました。今度のお浚い会の無事を祈願し、ご近所なのでまた掛けに行こうと思っています。

つれづれ | trackback(0) | comment(2) |


2010/02/21 (Sun) 舞浚いの会

kozakura1_3.gifkozakura1_3.gifkozakura1_3.gifkozakura1_3.gif

手ほどきからお世話になり続けている敬愛する先生が、2年ぶりに舞浚いの会を主催されますのでご案内いたします。

「山村流 第4回舞浚いの会」
日時:2010年3月7日(日)2時15分開演(開場2時)
場所:豊中市立 伝統芸能館
   ***阪急宝塚線・岡町駅から西へ徒歩3分(会場専用の駐車場は無い様です)

特別出演の先生もいらっしゃる上、ご主催の先生が能うつしの大きい曲(本行物と総称します)を舞われます。
ということで、入場無料の会ですが、お開きと楽はまさに必見です
敢えて詳細は書きませんので、どんなのかな?と思われた方は、コメント欄ではなく「ブログフォーム」からお問い合わせください。mixiのメッセージでもOKです。

お浚い会というのは、先生の日頃からの真摯なご指導を少しでも形にして御恩に報いることができるよう、弟子が頑張らなければいけない場だと思っています。
伝統芸能館は、こじんまりと雰囲気のある場所で駅からも程近いようですから、どうぞお気軽にお運びください。
当日は上方端歌の「柳々」を舞わせていただきます。柔らかく風に揺れる柳を目指しながら...

さきのこと | trackback(0) | comment(2) |


2010/02/13 (Sat) 意外な團菊祭

東銀座の歌舞伎座が閉館してしまう前に一度行きたいと思いながら公演情報を観ていましたら、「道頓堀初お目見 團菊祭」の文字が。
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/osaka/2010/05/post_19.html

五月恒例の大歌舞伎を松竹座で出張公演するんですね。座組にちょっと期待できそうでしょうか。
といって、なんとなく大歌舞伎でも、大阪だとアウェイ感覚なんだろうな(気合いが...)と感じてしまうことがままあるので、歌舞伎座もしばらくは閉館してしまうのですから、全国どの劇場でも熱演して頂けると嬉しいなと思います。

さきのこと | trackback(0) | comment(2) |


2010/02/12 (Fri) もっと歩きます

201002121452.jpg

もしかしたら運動不足なのかもと思いつつ、不摂生はしていないので自らを甘やかしております。が、いずれにしてももう少し体力をつけておかないといけないなと思い始めました。

手始めに散歩の習慣をつけようということで、
今日は平日休みを利用して2時間程ご近所(3km四方)をすたすた歩き回ってきました。
ただし、寄り道が多く、実際の歩行時間は半分位。
消費した91kcalは、帰宅してから瞬く間に取り返してしまいましたが、カロリー消費が目的ではないので仕方ないと考えることにします(甘い)。

やっと四天王寺さんにも行ってきました。今日はお詣りはそこそこに、もっぱら池を観察。
石舞台脇の池に亀がたくさんいまして、最初模型かと見間違えた程じーっと甲羅干しをしたり、ぷかぷかと泳ぎ回る姿が愛らしく、ゴイサギなども毛繕いをしていて、これはなかなか和めるスポットを発見した思いでした。

その他、気になっていたワインショップ惣菜店和菓子屋、パン屋、自然食品のお店もぐるっと巡って満足した一日でした。

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


2010/02/05 (Fri) 百貨店

fleurs_feb.jpg

NHKの「美の壺」という番組で、百貨店をテーマに取り上げていました。東京・日本橋の三越、高島屋、新宿の伊勢丹と一緒に、大阪・心斎橋の大丸も紹介されていてちょっと嬉しくなりました。ヴォーリズ建築ということでつとに有名ですが、独特の雰囲気があって落ち着きます。大学時代の友人が勤めていることもあって大丸贔屓なのですが、最近はどこもセールばかりで全体に没個性的な傾向は残念。百貨店らしい品を保って頑張ってほしいものです。

子供の頃、母に連れられ毎年東京に帰省しましたが、百貨店に行くと買い物に興じる大人達を待ちながら大理石の階段のアンモナイトを眺めていたのを思い出しました。

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード