いろは椿
2009/12/31 (Thu) 今年もありがとうございました

portrait_20091231232302.jpg

個人的な思いとして、2009年は本当にいろいろな転機になり、また多忙に駆け抜けた一年でした。
不祥の弟子には冥利に尽きるとしか言いようのない程、多方面でたくさん勉強させて下さった御師匠様方への御恩を改めて振り返っています。明日はまた、新年のご挨拶に伺います。
様々な場で新しくお近づきになった方々にも大変お世話になりましたし、まず、体力のある身体に産んでくれて働き惜しみしないように躾けてくれた親に感謝しながらの毎日でした。

あと少しで年が明けますが、この拙いブログを読んで下さっているみなさまにも、穏やかな気持ちで新年をお迎えになりますようお祈りいたします。

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


2009/12/26 (Sat) ヴァンサンカン2月号

mari.jpg

現在発売中の雑誌「25ans(ヴァンサンカン)」2010年2月号に、山村流御宗家夫人の郁子先生が掲載されています。
「五耀會」でご一緒の西川箕乃助師ご夫人、花柳寿楽師ご夫人とのお三方お揃いのページです。

郁子先生はしばしば着物雑誌等に登場され、実際にはお写真より更に数倍素敵な方ですが、これは生来の美貌に加えて、飾らないお人柄や人生の深みが表れていらっしゃるからでしょう。

こうして拝見しても際立つ上品さと存在感には同性ながら惚れ惚れとしてしまいます。
機会があれば書店でぜひお手に取ってご覧くださいね��

よきこと | comment(0) |


2009/12/25 (Fri) 年越しの伝統芸能ナイト

night_nov_jan.jpg night_nov_jan_r.jpg

一年の締めくくりに、今年は12月31日の大晦日夜にも「伝統芸能ナイト」に伺うのが舞台(観)納め。
山村若御家元がご出演なのです�L���L��Y

演目はきっと年末なのでかなり華やかなものになるのではないかと、とっても期待しながら楽しみにしています����̏o�@pkk

理解ある上司のお蔭で個人的には本日25日から年末年始休暇です。
お稽古納め、年賀状、大掃除、にとどまらず走り回る日々ですが、充実感があるので幸せなんですよね、この状態。時間も有効利用できる気がします。

さきのこと | trackback(0) | comment(0) |


2009/12/25 (Fri) 手作り

otedama.jpg

ここ数年、浴衣や気軽な着物で反物だけ見つけた時には、母の一筆画のお稽古の先輩に仕立てをお願いしています。着物そのもの以外に、余り布でおまけを付けて下さったり、本当に器用で羨ましい限り。
縫い物が出来るって格好いいなと思い続けています�L���L��Y
先日は姪の誕生日に手作りのお手玉を頂いたのを見て、いいなーと言っていたら、後日私にも作ってくださいましたkao03 眺めて和んでいます。着物の時も柄合わせなど丁寧にして下さっているのが伝わってきますし、気持ちって語らなくてもどこかに現れるものですね。

つれづれ | comment(0) |


2009/12/15 (Tue) 事始め

ohgi2010.jpg

13日の日曜日は事始めでした。
関西独特の行事だそうですが、現在まで続けているところは本当に少ないそうです。
広いお稽古場には御鏡餅が飾られ、とても美しい光景でした。
御家元と宗家の先生方に旧年中の御礼と新年に向かう気持ちでご挨拶し、新しい扇を頂きました。
お稽古は本当に楽しく(ついていくのに五感総動員である意味必死ですが...)、これからの一年はこの扇と頑張ろうと思います。

よきこと | trackback(0) | comment(0) |


2009/12/03 (Thu) 名取式

11月は本当にめまぐるしく過ぎて行きブログの更新もままならない状態でしたが、先の日曜日は名取式でした。

お流儀でお揃いの留袖を初めて着て、粛々と御式の進む中、いただいた名前に恥じることのないよう何事につけても意識を持たないといけないと背筋の伸びるような思いがしました。(意外に根がちょっとぼんやりしているので、何だかいつも迂闊なことをしていますが...)式典らしい式に母と一緒に出席できたのも大学の卒業式以来で、良い思い出になりました。

帰宅して御免状をゆっくり目にするとまさに感無量でした。幸せなことです。20代の頃は一人で生きてきたかのような醒めた気持ちがありましたが、この年齢になって舞を続けさせていただく中で、自分は本当に言い尽くせない程たくさん人様のお世話になりながら生きていると、改めて有難いと思います。

お稽古 | trackback(0) | comment(1) |


| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード