いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/10/29 (Thu) のんびりした時間

akihitoha.jpg

遠きにありて想うと言うように、離れて暮らすと逆に故郷の良さが実感できます。特に私の場合は大阪市内から1時間半程で帰ろうと思えば帰れる距離なので、気楽なものです。

少しずつ変わってきていますが、まだ今は何は無くとも青々とした山に囲まれ、水も美味しい環境です。視力が良いのも子供の頃から毎日この景色を遠くまで眺めて(当時は無邪気でしたので見える筈のない東京を山の向こうに探しながら)育ったおかげだと思っています。実家に帰ると犬1頭に猫3匹と思う存分遊べるのも良い点です。

さて、犬からは散歩要員だと思われているため、ちょっと疲れていても期待に応えて出かけますが、歩いているうちに頭がすっきりしてきます。季節を感じながらそぞろ歩き、身体を動かしながら、仕事やストレスを離れて自由に思いを巡らせることが出来るからかもしれません。また、散歩で気が逸れ過ぎると犬を逃がしたり転んで怪我をしますので意外と意識も集中します。

この週末は、散歩中に蒲の穂が群生しているのを見かけて懐かしくなりました。穂がはぜて綿があふれ出しているものが大半でしたが、ちょうど拾い読みしている「古事記」の大国主神と稲羽(因幡)の素兎のくだりを思い出しました。蒲の花粉にどういう効用があるのかなと思ったり。こういう思考遊泳も楽しいものです。都会育ちを羨ましく思ったこともありましたが、今となると自然の風物に触れて身体記憶を刻んだことがとても豊かな時間だったと思えるようになりました。

逆もまた然りでしょう。その時に置かれた環境から無意識に何か得ているものがきっとあるのだと思います。苦労だなと思うこともつきものですが、どう受けとめて暮らしても、同じ長さの時間しか流れませんしね。

スポンサーサイト

つれづれ | comment(0) |


2009/10/26 (Mon) 芸能花舞台「京阪『十二月』二題」@11/12, 15

urazakura.jpg

山村若御家元がNHK教育テレビの「芸能花舞台」に出演されるそうです�L���L��Y
ご宗家公式ブログ「吾斗ごのみ」に掲示されている情報を引用させていただきます。
もちろんテレビでは雰囲気や味わいの良さには伝わり方に大いなる限界はありますが、時間の合う方はぜひ一度ご覧くださいね!

芸能花舞台 「京阪『十二月』二題」
11月12日(木)14:00~14:44 
11月15日(日)23:30~24:14

地歌「浪花十二月」を舞われるそうです。この曲は次々と表現される上方の伝統行事が楽しく、また、何て難しそうな曲だろうと感服しつつ、拝見する度にいろんな意味で息つく暇もない位に堪能できます。二題と付いているのは、楳茂都扇性さん(歌舞伎の片岡愛之助さん)も地歌「都十二月」を踊られるようです。

問題は私はこの2年余りテレビを置かない生活なので�菑�����V���[�Y��1木曜昼間または日曜深夜にどこで観るかということですが、どうしても観たいのでこういう場合には何とかします�g�t�������~�W�o�t�E�̗t03�i�����w�i�t���j ��SbWebs��

さきのこと |


2009/10/25 (Sun) 思った以上!

zori.jpg

久しぶりに週末を実家で過ごしマンションに戻った所、留袖用に伊と忠さんでお願いした草履が届いていました。お流儀の表紋が観世水なのですが、この鼻緒の柄が金色の流水で、見つけた時にまたとないと思って決めたものです。お店では台と鼻緒を別々に選んで挿げていただいたので、完成品とは初対面。柔らかな色合いの台と調和して、開封した瞬間大満足でした3�́[��あまりに嬉しかったので記事化しましたが、物の話ばかり続いてますね、ごめんなさい。
和のものでこれはという品はさすがに大人買いできませんので、一つ一つ出会った時に気長に集めていくのが楽しみです。

よきこと | comment(0) |


2009/10/23 (Fri) gadget

iphone.jpg

早寝早起きをめざして家でのパソコンに使う時間を短縮したい、でも情報はチェックしたい...という軽い板挟みを解消するため、iPhoneを持つことにしました。(こちらは専ら情報端末ですので、電話もメールアドレスもこれまでの携帯をそのまま使います。)
発売されてかなり経ったので、新型は容量も増えて使いやすくなった様子。そもそもMacが好きなので心惹かれ迷っていましたが、海外のニュースもリアルタイムで聴けるところから踏み切りました。Apple製品は説明書が無いのも同然�A�b�v���[�h�t�@�C��なので、慣れるまで試行錯誤です。

つれづれ | comment(2) |


2009/10/22 (Thu) うれしい気持ち

fleurs1022.jpg

試験結果を報告した方々からいろいろ温かいお言葉をいただき、励まされて嬉しく前向きな気持ちになれる毎日です。今日は会社の先輩でもあり友人でもある華のようなSさんから、お花をもらいましたkao03

つれづれ |


2009/10/18 (Sun) 一山

seioubo.jpg

お試験が終わりました。
反省点を反芻すると尽きないものがあるのですが、本当に親身にご教授くださっている先生方に心から深謝申し上げるとともに、励まして支えてくれる家族や友人の存在を改めて有難いと思う節目になりました。
何はともあれ念願叶ってお名取りさせていただけることは幸せなことです。
今後傾斜も間違いなく急になる長い長い山道を精進して登っていかないといけません�g�t�������~�W�o�t�E�̗t03�i�����w�i�t���j ��SbWebs��

画像は西王母。去年も見かけて何だろうと思っていたら、秋に咲く椿なんですね。

お稽古 |


2009/10/18 (Sun) 東西名流舞踊鑑賞会

17oct.jpg

気づけば、17日の東西名流舞踊会の情報掲示をしないまま舞台が終わってしまいました...。

合間に用事があり、義太夫・上方唄「もさ巡礼」、地歌「虫の音」を拝見。
「もさ巡礼」は、井上八千代師の前半の巡礼の少女らしさ、後半の戦がたりを人形ぶりで楽しみました。不思議な取り合わせだと思いましたがそういう曲なんですね(不勉強)。井上流のみの稀曲だそうです。
「虫の音」は、若御家元が20年ぶりに舞われたそうですが、少年の霊が亡き友を求めて芒野を彷徨う情感がしみじみ漂う秋らしい舞台でした。地歌の元になった謡曲は、現在の大阪・阿倍野辺り一帯が野原だったことを踏まえていると伺っていますが、地図で見ると松虫通りという東西に長い通りが現在の阿倍野駅より随分南に位置しているようで、この辺りまで草深かった時代には迷い込んで儚くなってしまう設定にも無理がない気がしました。一度、こういう曲のルーツ巡りもしてみたいなと思います。

きくみる | comment(0) |


2009/10/07 (Wed) 賭けてみる。

今月、お流儀の名取試験が目前に迫っています。従来、いわゆるペーパーテストは解くのが面白くて何とかなってきたのですが、考えてみたら、実技試験は人生初なのでした。人事を尽くして天命を待つ、といった心境であり、何より、真摯に懇切に教えてきて下さった先生方のお気持ちに応えられるよう、毎日お浚いしています。

この時期、何となく来し方を振り返ってみる瞬間が多いのですが、これまで「それで、あなたは一体何がしたいの?」と言われたことが時々あったことを思い出しました。上京したり、留学したり、資格を取ったり(B級コレクターです)、転職したり、婚活したり。
山村流に入門させていただけたお蔭で、一本、地歌舞という芯の通った目標が見つかったのだと思っています。舞自体については正しい型を正しく身につけ師匠の教えの下で謙虚に取り組むのが第一ですし(自分の中に答えが無いものは頭で考えても自我流になるのみであり)ひたすら身体で習って上達を目指すに限ります。その他の点ではたっぷり寄り道してきた人生の途中で拾ってきたことを気力も体力もあるうちに今後何にどう生かしていくか、考え処だという気もしています。

和、ではありませんが先日見つけたスティーブ・ジョブズに関する記事は感慨深いものでした。(ジョブズは現在のアップル社のCEOです)彼が2005年にスタンフォード大学で行ったスピーチ(Stanford Report, June 14, 2005)も読み、心境にぴったりだと思いました。

人生一度きりなのですから、足踏みしたり人目を気にする間があったら、好きなものに賭けるに限ります。

つれづれ | trackback(0) | comment(2) |


2009/10/04 (Sun) 30時間の非日常

週末、東京から友人二人が京都に遊びに来たので、駆け足小旅行してきました。私自身は、四条までは電車で1時間余のため、土曜午後から出て日曜夜に帰宅した形です。

土曜は八坂神社~高台寺~清水寺~知恩院~花見小路~祇園白川界隈をひたすら散歩。中秋の名月とあって、綺麗な丸いお月さんが輝く中、夜中まで街が人であふれていました。今日は朝からバスで大原へ行き、三千院と寂光院間は徒歩移動。個人的には普段あまり歩かないので、この1日半だけで数日分くらいの距離に相当した気がします、笑。

ガイド状態の友人に行き先を任せて、残る二人はお客さんになって楽しませてもらいました♪
そもそも何かのタイミング一つで友達になるというのも縁ですが、そこから3人とも日本国内外で思い思いに生活してきながら15年以上付き合いが続いているというのは面白いことでもあり貴重です。
短い時間でも、楽しく密度の濃い過ごし方ができました。
感謝�ɂ�

szi2.jpg
大原三千院。修学旅行の記憶がなく、ほぼ初めて。過剰なもののない寂びたところが清々しい場所でした。紅葉前だと人出もまだまだで、緑に囲まれて本当に快適。

szi3.jpg
金曜の雨を受けて、苔も美しく青々としていました。

jki1.jpg
謡曲「大原御幸」の舞台、寂光院。

jki2.jpg
本堂は9年前に火事で全焼して現在は再建された状態でしたが、随所に、往時を偲ばせるひっそりした雰囲気が残っていました。現代でも遠さを感じる山里に、都で栄華を極めた女性達が剃髪して住んでいた尼寺というだけでも哀切感が漂います。「大原御幸」をお能で観たくなりました。

shiraume.jpg
白川沿いの料理旅館。今回はお庭つきでした。お料理も美味しく、別嬪の若女将さんをはじめ皆さん親切に対応して下さいます。建物も細部まで驚くほど意匠に凝ったとても素敵な宿です。

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。