いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/09/30 (Wed) 若登会@10/4国立文楽劇場

wakatokai.jpg

今週末に迫ってしまいましたが、見応えのある会ですので行ける方にはぜひと思い、情報掲示いたします。

「山村久子を偲び 若登会
日時:2009年10月4日(日)午前11時開演
場所:国立文楽劇場(大阪/地下鉄日本橋駅至近)
入場料:5,000円
主催:若登会 山村若祿次先生、山村謙江先生
問合:06-6772-1486 (Tel/Fax)

山村流四世宗家の妹御でいらした久子先生を偲ぶ会であり、前半では文化庁芸術祭参加公演「山村謙江の会」として、地歌「三国一」を謙江先生、地歌「朝戸出」を若祿次先生が舞われます。
後半には、六世宗家・若先生、光先生はじめ名うての師範の方々が多数ご出演です。

個人的にはこの週末に限って伺えないのがとっても残念で、観に行ける方がうらやましい位です�菑�����V���[�Y��

スポンサーサイト

さきのこと | trackback(0) | comment(0) |


2009/09/30 (Wed) 大阪マルシェ ほんまもん

osakamarche.jpg

ブリーゼブリーゼ33階のフレンチビストロ「ル・コントワール・ド・ブノワ」からニューズレターが届きました(なんて頂く程、足繁くは通っていませんが...)
そこで知ったのですが、その地域毎の農産物を紹介する農林水産省のプロジェクトがあるらしく、大阪では「大阪マルシェ ほんまもん」という名称だそうです。ブノワも開店1周年ということで、アラン・デュカス氏が自分のお店のある土地で開催してきたマルシェプロジェクトと合同のイベントがあるということでした。

「大阪マルシェ ほんまもん」
10月2日(金)12:00~19:00
西梅田・ブリーゼブリーゼ1階 特設会場

デュカス氏ご本人も来日ということで混雑が予想されますが、オフィスの横なので覗きに行ってみようと思います。(そこで美味しい野菜も見つかれば一石二鳥です)

マルシェ・ジャポン自体のサイトはこちらから。全国での開催情報が参照できます→

活動は面白いなと思ったのですが、お役所主導でも名称はマルシェなんですね、笑。フランス語の単語って洒落た響きになるんでしょう。川も何となくセーヌ川...?
大川に市場でもいいと思うんですけどね�ɂ�


よきこと | trackback(0) | comment(0) |


2009/09/20 (Sun) 東京での五燿會

goyokai.jpg

9月14日の月曜日、楽しみにしていた「五燿會」を東京の国立劇場で観てきました。つい5日前のことなのに随分時間が経った気が�菑�����V���[�Y��1でも、本当に楽しく充実した会で、舞台を見始めた頃のわくわくする気持ちが鮮やかに還ってきたような感覚を覚えました。これだけのお顔ぶれの舞踊家の方々が同年代に揃っていることも希有だと思うのですが、ここから円熟に向けての時代を拝見し続けて行けることがつくづく幸せですkao03

五燿會は、舞台芸術としての日本舞踊を目指していらっしゃるということで、一般の観客にどれだけ魅力を伝えていくかということが大切だそうです。私自身がすっかり日本舞踊(特に地歌舞)にはまっているとはいえ、知らなかった時の自分の感覚になるべく戻って考えてみた場合でも、五燿會の先生方のような才能と華を備えた舞踊家であれば決して迎合してその内容や表現方法を変えていくような必要は無いと思います。つまりは、観客に分かりやすくといっても、実は基準となるべき「一般の観客」ってどんな人なのか、一元化はできないでしょう。舞台全般を殆ど観ない人、西洋の音楽や舞踊を鑑賞してきた人、いわゆるポップカルチャーに馴染みきった人、と様々なのですから、そうした揺れ動くターゲットに合わせて本来の型や動きを変えてしまうのは本末転倒だと思うのです。

観客の土壌はそれぞれなので、それまで親しんだ芸能なり芸術なりで育んだ芽を接ぎ木して、日本舞踊も楽しむ人が一部には存在するでしょう。(私自身、6年前までの趣味は現在とまったく関係の無いジャンルでした)ただ、そうした観客層の割合を推定すると、足を運んでくれる人の絶対数を増やすことが大前提です。

五燿會の「本気」が一人でも多くの方に伝わり、ひいては、長唄の踊りと地歌の舞と、それぞれ特色の異なる舞踊が存在する多様性が面白いということにまで理解が広がればいいなと、この公演を観て改めて考える機会にもなりました。

きくみる | trackback(0) | comment(0) |


2009/09/05 (Sat) 柑橘系

20090905.jpg

まだ暑いながらも秋めいてきました。先日、夜帰宅するときに、ついこの間まで蝉が鳴いていた道路端やお寺の庭のあちらこちらから綺麗な虫の音が聞こえ、こんな都会の真ん中でも自然は敏感なものだとちょっと感動した程です。

さて例年夏はなるべく太陽にあたらないように過ごしていて、今年も例外ではありませんでしたが(笑)日傘にUV手袋必携でもやっぱり少し日焼けしたような気がします。そろそろ肌には疲れが出る時期ですよね。この所、発泡ミネラルウォーターに、シークヮ-サーを絞って飲んでいます。美味しいので、これで効果があれば一石二鳥��

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


2009/09/01 (Tue) 五燿會@東京旗揚げ公演

goyokai_20090914.jpg   goyokai_r.jpg


*チラシをクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

まだ先だと思っていたら、いよいよ9月の五燿會・東京公演が迫ってきました。
今年3月松竹座での大阪公演も大入りで華やかな会でしたが、今秋の東京もとても楽しみです。

名実ともに今を時めく舞踊家の方々がお揃いで、日本舞踊が初めての方でもきっと楽しめると思います。興味のある方は今からでも要チェックです♪私も(平日ですが)伺います!

『五燿會』
平成21年9月14日(月)午後6時開演

国立劇場・大劇場(03-3265-7411)
全席指定/S席8,000円 A席6,000円 B席3,000円

[チケット取扱・お問い合わせ]
五燿會 http://www.goyokai.com
    電話・FAX 03-3404-6928
e+プラス http://eplus.jp

さきのこと | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。