いろは椿
2009/04/26 (Sun) 5月10日は舞扇会

busenkai20090510.jpg

毎年、楽しみにしている山村流宗家の舞扇会。今年は5月10日の日曜日です。時間を忘れて一日、流派の舞踊家の方々の舞台を拝見すると、こちらのお流儀でお稽古していて良かったな、また頑張ろう!という気持ちになりますので、個人的には「観て研鑽する」機会ですkao03

公式ホームページの「行事予定」御家元のブログ『吾斗ごのみ』に記事があります。

山村流 舞扇会
日時:平成21年5月10日(日)
主催:山村流六世宗家 山村 若 師
場所:国立文楽劇場(大阪/日本橋)

*以下、敬称略
<第一部>午前11時開演

地歌 袖香炉    山村 侑  山村 侃
地歌 かじ枕    山村 若佐紀
長唄 座敷舞道成寺 山村 若花一
地歌 八千代獅子  山村 若珠絵
地歌 ゆき     山村 若浄也
長唄 四季の山姥  山村 若範
地歌 越後獅子   山村 若徳
地歌 花の旅    山村 若久寿
長唄 老松     山村 光
地歌 霧の雨    山村 若
 
<第二部>午後4時開演

- 大阪文化祭 第46回なにわ藝術祭 参加 -
地歌 山姥『枕づくし』~『山めぐり』 山村 若

長唄  蓬莱      山村 若晴司
地歌  傾城      山村 若光瀬
地歌  融       山村 若成弥
長唄  俄獅子     山村 若一人
地歌  出口の柳    山村 若祿之
長唄  藤娘      山村 若女
地歌  由縁の月    山村 若有子
長唄  梅の栄     山村 若峯董
上方唄 いざや • 堺住吉 山村 光
地歌  石橋      山村 若  山村 侑  山村 侃

**************************
入場料:各部7,000円(自由席)
問合先:国立文楽劇場 06-6212-2531
*その他、詳細はチラシでご確認ください(クリックすると拡大します)

さきのこと | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/20 (Mon) 地唄『羽織褄』

hazakura.jpg

先日からお稽古では地唄「羽織褄」を教えていただいています。長唄続きで地唄になると、数分で脚が痛くなる位なのですが、痛いのが醍醐味ですねkao03足幅もつい大きくなっているので特に気をつけないといけません。(また時間のある時に書こうと思います。)

桜も名残の時期となり、葉桜という銘のお菓子が出ていました。
これからは柏餅が美味しい季節ですね。

お稽古 | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/10 (Fri) 『大阪人』

63May.jpg

駅の広告ポスターで見た「特集『上町人の物語』」の文字に惹かれて、久々に雑誌「大阪人」を購入しました。バックナンバーも数冊持っていてかなり読み返していますが、今回のは特に現在住んでいる界隈のことがいろいろ出てきて面白いですkao03改めて上町台地を散策してみたくなりました。

さて、情報案内ページで、大阪市主催のこんなイベントを発見:
「2009大阪 上町春めぐり」
A, Bコースはあいにく応募期日が過ぎていますが、Cコースは4/17まで受付中みたいです。
Cコース「上方落語の舞台を歩く 上町編」
上町台地に点在する噺の舞台をあらすじ等を交えながら案内していただけるらしく、案内人は落語家の林家染雀さん。

実施日時  2009年5月6日(水・振休)13時~16時(予定)
費用    無料
定員    100名

コース   
四天王寺<天王寺詣りなど> → 一心寺<天神山> → 安居神社<天神山> → 下寺町(通過)<八五郎坊主> → 生國魂神社<蛸坊主> → 高津宮<高津の富など> → 産湯稲荷神社<稲荷俥> → 三光神社<真田山など> → 玉造稲荷神社<東の旅など>  約7km

※<>は、ゆかりの落語とのことです。

◆申込方法
往復はがきに氏名・住所・連絡先・参加人数・希望コースを記載のうえ応募
◆申込宛先
〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-14-16 WTC17階
大阪市ゆとりとみどり振興局 文化部内 「上町春めぐり」ウォーク係
◆締切:Cコース 2009年4月17日(金)必着

よむ | trackback(0) | comment(3) |


2009/04/09 (Thu) 楽正先生を偲ぶ会

20090623.jpg

折に触れて月日の流れる早さを感じることがありますが、楽正先生が亡くなられてから、もう偲ぶ会が開催される時期になったんですね。広い舞台を圧倒する程の存在感に幕開きから目頭が熱くなったこともしばしば。水の流れのような爽やかさ、目を惹き付けられる扇さばき、と、1回でも多く舞われるお姿を拝見したいと憧れていました。舞を観始めてから数年と日の浅い私ですらそんな感慨を覚える程の方なので、旧知の方々、昔から舞台を観続けていらした方々には語り尽くせない思いがおありだろうなと拝察します。

『山村楽正を偲ぶ会』
日時:平成21年6月23日(火)12時30分開演
場所:大阪 松竹座
<出演> ※敬称略
山村 若(山村流六世宗家/特別出演)
山村 楽道
山村 楽正 門弟 つく志会

チケット発売日:5月10日(日)←偶然、舞扇会の日です
座席料:1等席 8,000円/2等席 4,500円
予約方法:チケットホン松竹:0570-000-489
     チケットWeb松竹チケットWeb松竹携帯版

さきのこと | comment(0) |


2009/04/08 (Wed) 春蝶襲名披露公演

hanagoromo.jpg

桂春菜さんの春蝶襲名披露公演の日程等が少しずつ分かってきているようですね。聴く機会が比較的多い噺家さんなのですが、良い部分と、そんなに現代的に崩したりいじり過ぎない方がまとまるのに~�����A��と感じる部分と半々です。でも最近の上方伝統芸能ナイトの司会は各芸能の紹介内容が以前よりしっかりしてきた気がします。活躍していただきたいし、どうなるのか楽しみな方でもあるので掲示してみました。

「春菜改メ三代目桂春蝶襲名披露公演」
8月30日(日)午後2時、6時の2回公演
出演(予定)桂壱之輔、笑福亭鶴瓶、春風亭小朝、桂春団治~仲入り~
<口上=桂米朝、桂春団治、春風亭小朝、笑福亭鶴瓶、桂春之輔、桂蝶六>
レッツゴー三匹、三代目桂春蝶

料金:一等席6,300円/二等席4,200円
発売開始:7月25日
チケットホン松竹 0570-000-489
問合先:大阪松竹座 06-6214-2211

さきのこと | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/07 (Tue) 大阪検定

naniwanandemo.jpg

数年前から検定が大流行していますが、ついにこちらも。

「なにわなんでも大阪検定」

こういうのって結局は趣味のクイズ感覚ですよね~。「大阪検定」だと親しみやすい感じだから景気づけに受けてみようかしらkao03

よきこと | comment(0) |


2009/04/06 (Mon) 朝ヨガ

asaexpo.jpg

朝EXPO in Nishiumedaというプロジェクトを見つけました。「朝ヨガプロジェクト」として出勤前にヨガを楽しむ企画だそうで、既に4/1に1回目が終了した模様。毎週水曜なのであと3回あります。

「朝ヨガプロジェクト」
日時:4月1日・8日・15日・22日(毎週水曜日) am7:00~8:30予定(準備時間含む)
   *ヨガ自体は実際には8時までに終わるようです。
場所:ブリーゼブリーゼ1Fメディアコート
申込方法:event@breeze-breeze.jp宛にメール(希望日時、名前、電話番号)
定員:各回20名(女性限定)
詳細は朝EXPOのウェブサイトでご確認ください。

東京の丸の内では充実したプログラムが提供されているみたいなのですが、西梅田版はとりあえず朝7時すぎからヨガをしているそうです。場所がビルのロビーというのが微妙なのですが...(笑)参加は検討中です�Ђ悱

さきのこと | trackback(0) | comment(2) |


2009/04/05 (Sun) さくらさくら

sakura1.jpg

今日は午後から出かけ、計画はしていなかったのですが成り行き上、お花見に行ってきました。図らずも毛馬桜之宮公園一帯をぐるっと歩いて2~3km位、ただ花を愛でる散策。
やっぱり春っていいですねkao03
満開まであと少し、所々に薄紅色のつぼみも残っていて、とっても綺麗でした。(今日携帯で撮った画像です)

つれづれ | comment(0) |


2009/04/05 (Sun) 上方伝統芸能ナイト (4月4日)

hananotabi.jpg

山本能楽堂さんの上方伝統芸能ナイトに行ってきました。
本日の司会は、桂春菜さん。
浪曲は春野恵子さんが『天狗の女房』(曲師:一風亭初月さん)、上方舞は山村若御家元の地唄『由縁の月』(地方:澤千佐子さん)、能は山本章弘師の『田村』、落語は春菜さんで『時そば』でした。体験コーナーは浪曲。

浪曲はこの企画で聴くのが3回目。皆さん個性が随分違って面白いです。怖い話でした。思わぬ相手に攫われたということで「由縁の月」とテーマを合わせたのかな?と思っていましたが、人の情けを怠ると鬼女になるという教訓が。春野さんは体験コーナーでもスパルタ教師ぶりを発揮されていましたが、目鼻立ちのはっきりした美人なので強く語る部分や狂気に凄みが出ますね。

上方舞「由縁の月」は、御家元のブログに歌詞を載せていらっしゃいますが、古今東西を問わず女性が最も割り切れない感情の一つかなという気がします。お稽古を始めた頃に、別の舞踊家さんの映像で観た時には(名手だったにも関わらず)長いなーと思っていた曲だったのですが、昨日は舞台で拝見すると延々と追憶にひたる哀しさが伝わってきてしみじみした良さを感じました。

昨日は雨も降っていて団体さんがいなかったからかややお客さんが少なかったのですが、終演後に能楽堂を出ると、「落語面白かったね~。あ、でも全部面白かった。来て良かったね!お父さんはどれが好き?」と嬉しそうに父親に話しながら帰る小学生の男の子がいて、一人ずつでも楽しい体験として伝わるといいなと思った瞬間でした。

きくみる | comment(0) |


2009/04/05 (Sun) 神宮の森

odango.jpg

福寿堂秀信のお花見団子、おすすめです。3種3様の味が楽しめます♪
(でも買おうと思うと売り切れていることが多いんですよね。)

先日ラジオで印象に残ったのが、明治神宮の森に関する話でした。
もともと荒れ地だった場所に、100年後に自然の森になるようにという目標を持って、計画的に植林したそうです。木々の種類は自然に淘汰され、適応した種が生育した結果、動植物も定着して結局50年で自然の森の状態になっていることが確認されたとのことでした。

計画が大規模なもので成功が確約されていたのかも?でも、実際のところ自然の営みは人知や計算を軽々と超えてしまうものだと思います。やっぱり人事を尽くした上で賭けた部分もあったんじゃないでしょうか。
大都会の真ん中であってもなるべく自然を自然のままに根付かせたいという思いと、木々、緑、鳥や生物の生命力を感じました。

つれづれ | comment(0) |


| TOP |

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード