いろは椿
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2017/05/22 (Mon) A cat on a boiler

週末から初夏らしくなってきて、朝出かける時には薄着でちょうどよいのですが、まだ気の抜けない季節です。今晩などは地元の駅に降りたらひんやりしていて、やはり何か羽織ものかストールでも持ち歩かないと、この時期に風邪でも引いたらつまらないなと思ったり。

冬の間からそうでしたが、こういう外気温の低い夜には、屋外のボイラーの上に猫が来ます。
これも、3匹くらい近所をうろうろしている野良のどれかが来るのですが、最近はグレーの大きめの子が多いような。
カメラでぼんやりした像でも、ぴんと耳を三角に立てて身体を丸めている猫のシルエットを確認すると、少し幸せな気持ちになり、なんとも言えずいとおしいものです。

スポンサーサイト

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


2017/05/15 (Mon) 湘南暮らし

早いもので、新居での暮らしと、神奈川から東京までの通勤を始めて半年近く経ちました。
動物を飼いたくても昼間独りにするのは可哀想で、踏み切れないままです。
家の周りが緑豊かなのと、鎌倉からこの辺りはタイワンリス(害獣指定されていますので飼えません)が出没する地域なので、大体3匹確認しています。家のサンルームや屋根を駆け回ったり、庭に降りてきたり、人間と出くわすと怒って電線や木に逃げて鳴き続けます。

IMG_0682 (1)

猫も大体常連さんが4匹位確認できていて(飼っていませんが、どこかから来ます)、以前から家が通り道だったらしく、防犯カメラに毎日数匹移動するのが映っていますが、帰宅すると確認するのを楽しみにしているような感じです。先日は、ベランダを通り抜けようとしている所を見つけ、そーっと観察して、写真に撮ってみました。野良にしては毛艶もよく可愛い子でした。
FullSizeRender.jpg

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


2016/08/27 (Sat) また会う日まで

月曜日、猫が鬼籍に入りました。痩せて動けなくなる最後まで別嬪さんでした。看病していた分、いなくなった寂しさもひとしおです。今週は仕事が山場で怒涛のようでしたが、週末になり一息つくと、先週いまごろは獣医さんに行ったのになあと儚く思われます。

向こうでは、家族みんなで、人も動物も一緒に過ごしていることでしょう。

仏教では動物に浄土を想定していないのかもしれません。でも、宗教は結局のところ、生きている人が死の怖れを克服したり、残された時の哀しみを乗り越えるところから出来ているんじゃないかと思っています。だから、好きな解釈をさせてもらおうと決めている位には無信心です。いずれ、自分自身も加わるので、そんな世界の方が楽しいと思います。

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


2016/08/08 (Mon) 一分一秒

Facebookは何となく続けているものの、本当に書きたい気持ちは書く気になれないのが本音のところです。個人的には、別にコメントや反応が欲しい訳でもない思いの発露には書き留めるだけの場所がちょうど良いところです。

遠距離のまま新婚になり自分の生活が一変してからしばらく経ちました。何が違うと言って、相手の人生に自分も責任を持つという事の重さを受けとめながら、なるほど恋愛と結婚は違うというのも道理で、昔は物を思わざりけり、とはまさにこういうことだなあとつくづく感じます。小さな苦労はありますが、特に問題もないのは幸せなことです。


さて、今書きたかったのは、猫のことでした。

12年になる三毛猫がどんどん痩せてしまい、私達の手落ちで獣医さんに診て頂くのも遅く症状が進行してしまいました。それでも、驚異的な生命力で、一生懸命毎日呼吸していて、名前を呼ぶと尻尾をぱたぱたと動かして答えます。帰宅して、ぐったり寝ていてもお腹がかすかに動いているのを見ると、生きていてくれるだけでありがとうと思わずにはいられない状態です。

一月にも、茶虎が一匹彼岸にいってしまい、よろよろの最期を思い出す度に胸が詰まる思いでした。どの猫も心に居場所を刻んでいきます。


三毛猫の痩せてもふんわりした毛並みを撫で、体温が伝わってくると、この小さな身体でどれだけ沢山のことを伝えてくれているのかと痛感します。今日は薬や点滴のお蔭で少し元気でした。彼女の寿命はまだあるように思われ、回復して楽になってほしいと願わずにはいられません。


つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


2015/11/12 (Thu) Crawling in life

生活でも仕事でもうまく行くのは当たり前じゃなくて稀有なことだったりむしろ有難いことで、問題やハードルのように一見変数だと思っている部分が実は基本的な構成要素なんじゃないかと思うことがあります。

そんなのが沢山浮いてる川をぶつかったり避けたりしながら一生懸命泳いでいくのが人生だとすると、一緒に手をつないで泳いでいってくれる人がいてくれるといいなと思います。時々はお互い寄りかかったり、リードしたり、でも基本的には対等な関係として。

泳ぎきるのが同時になることはまず難しいでしょうけど、一緒に過ごした時間や苦労が一人残った時にも支えになる位に誰かを信頼したいのです。

つれづれ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

どんな人?

椿

Author:椿
冷静と情熱の間で彷徨う日々です。解らなかったことが水滴同士のようにぴたっとつながる瞬間が好き。お仕事は横文字に浸かって、趣味で上方舞を続けています。

訪問御礼♪

Quelle heure est-il?

お便りはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Online Counter

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。